自分に合ったスクール

爪

スクールの費用を考える

スクールは長期間通学するので授業料以外にも材料費、施設費、道具代etcなどの面でかかる学費が自分で許容できるかも大切です。せっかく優れたスクールに出会えても学費が払えなくて卒業できなったという声も良くあります。

授業料の安価なスクールの注意点

近年ではコストパフォーマンスがよく、学費面で助かるスクールも開校しています。学費に見合った講師がいるのかどうか設備は新しいのか、具体的にどのようなことを学べるのかなどよく調べておきましょう。

最新の技術が学べるスクールを

講師や学費面で恵まれていても、ネイルの流行は移りやすく最新の技術を学べなくては通う意義が低くなってしまいます。授業の質や授業数もさることながらどのような技術を学べるのかもスクール選びには欠かせない点です。

スクール選びは慎重に

より実践的で専門性の高いネイルスクールを選んだとしても安心はできません。大阪などでもスクールによってそのレベルはまちまち、十分な知識を学べなかったり、技能を磨けなかったりなどの落とし穴に注意です。入学する前にしっかりとリサーチをしておきましょう。

スクールに入学してわかった!よくある失敗例

講師の教え方に無駄が多い

授業中に雑談に脱線してしまいがち、授業内容が座学的すぎて教科書どおりの授業しかしない、講師によって教え方にばらつきがあります。授業料を払って通うのですからスクール選びの際にはこういった講師の人柄や授業内容など見学会や口コミ情報などで積極的に調べておきましょう。

ひとりひとりのフォローがおざなり

有名なスクールほど講師の人材不足にもかかわらず、生徒数を多く受け入れてしまいがちです。確かな知識と技能を身に着けられるように、生徒ひとりひとりのカバーができているのか確認してもらえるようなスクールを選びましょう。

カリキュラムが充実していない

人件費の問題でカリキュラムが充実しておらず漫然と授業数こなすだけの場合もあります。スクールを選びの際には授業料や通学のしやすさも大切ですが、「質がよい授業を受けられるのか」を重視してください。

有名なネイリストが優れた講師とは限らない

雑誌のインタビューでよく見かけるカリスマのネイリストでも教えるプロとは限りません。実践的な技術だけを教えるだけでなく、基礎知識や座学などをきちんと説明できる講師を求めてスクールを選びましょう。

ネイルスクールを卒業したのに就職が難しい

ネイルスクールを卒業しただけでネイリストとして働けるわけではありません。きちんと資格を取得して就職活動を行うことで初めてネイリストとして働けるのです。ネイルスクールで就職先を紹介される場合は少ないので、気をつけておきましょう。

広告募集中